ソフトウェア開発

当社が最も力を発揮できる分野はプログラミング実装技術です。

当社が最も力を発揮できる分野はプログラミング実装技術です。
システム開発には、単にプログラミングする能力だけでなく、要件や仕様を取りまとめる能力、システム設計をする能力、UIをデザインする能力、プロジェクトをマネージメントする能力等、様々な能力が必要となります。
当社はシステムインテグレーターとしてこれら全ての分野において、高いパフォーマンスを発揮できると自負しておりますが、その中でも特にプログラミングの実装という部分に大きなこだわりを持っています。
システムインテグレーター業界の1つの傾向として、詳細設計、実装、テストという下流工程からより要件定義、仕様検討、基本設計といった上流工程を目指し、最終的には、下流工程を完全に自社から切り離し、アウトソーシングする体制を理想とする会社も少なくありません。
ですが、当社ではより良いソフトウェアを作るために、実装工程をアウトソーシングせずに自社のエンジニアで担う方針をとっています。
コーディングは単純作業ではなく、何が大事なのかを理解しながら無数にある実装の選択肢の中から最適なものを使用し最高のものを作り上げる高度な知的作業です。
そのためには上流、下流というくくりをなくし、全てを把握する必要があります。
当社ではその中でも、実装に関するスキルを最も重視しており、実装技術にこだわり続けたいと考えています。

当社のプログラミング実装技術を特徴付ける要因はいくつかあると思いますが、まず当社の新卒採用のポリシーにその一端を見て取れることができると思います。
当社の新卒採用では、学歴や資格の有無、プログラミングの経験の有無ではなく、論理的かつ抽象的に深く考えることができるか否かを最重要視して評価を行います。
また、採用後は短期的な利益にとらわれず、十分な研修期間を設け、プログラミングの考え方を徹底的に鍛えます。
研修は特定のプログラミング言語を使って行われますが、ここで教えるのはそのプログラミング言語の文法やAPIといった表面的知識ではなく、ベテランエンジニアの集中的なレビューにより、1行、1バイトのコードに対して、あらゆる方面から最適か否かを考えさせることで、より抽象的で応用範囲の広いプログラミング技術を教え込みます。
また、研修終了後も様々なプロジェクトの中で、よりよいコードを目指し社員同士で考え方を交換し合い、妥協せずにコーディングにこだわり続けることで、プログラミング技術に経験という深みを与えていきます。

現在当社で扱っているプログラミング言語は主にJava、C#、PHP、C++ですが、当社の強みはこれら特定言語の実装技術知識に限定されません。
プログラミングの本質を求める精神を持ち続けることで、プログラミング言語の流行りに依存せず、ソフトウェアの実装企業としてにおいて、最も信頼される組織でありたいと考えています。

Skill Map

Sistem integuration

強みの強弱

PAGE TOP